★最安値公式サイトはこちら!★
赤ちゃん訴求LP


フォーファムの「ボディミルク」と「ボディローション」というのは、高保湿であり低刺激な商品となっていますので、アトピー肌の方でも悪い影響などを気にせずに、安心して使っていただけます。

 

ただ、すべての人のお肌に合うということは言い切れませんので、まずは使う前に必ず「パッチテスト」をしていただければと思います。

 

アトピーというのは、原因が色々とあります。その1つに肌のバリア機能が低下しているという原因があります。

 

その中でも、赤ちゃん、子どものお肌というのは、肌のバリア機能が「未熟」な状態になっています。ですから乾燥しやすい状態で、雑菌が侵入しやすくなっているのです。

 

乾燥肌や雑菌の侵入が原因となり、アトピーになってしまう事もあります。

 

1番重要なことは、肌のバリア機能を高め手上げるために、肌をしっかりと保湿剤で守ってあげることになります。

 

フォーファムは、どうして「アトピー肌の保護・保湿」に効果があるのか?その理由はこんな感じになっています。

 

フォーファムの有効成分がアトピーに効果を発揮

5種類のセラミドを配合している 

セラミドが不足した状態の肌は「スカスカ」になっていますので、水分を保持することができません。
アトピー肌・敏感肌・乾燥肌になっている時は、「セラミド」を補給してあげましょう。

 

 

エコサート認証「植物油」が配合されている 

世界のオーガニック認証機関の中で、1番厳しいと言われている「エコサート認証」を取得している成分!
オーガニック栽培された「植物オイル」が豊富に含まれていますので、保湿力が抜群!

 

保湿成分の「アミノ酸」が配合されている 

アミノ酸や、赤ちゃんの胎脂に近い保湿成分が、たっぷりと配合されているのが魅力です!

 

エコサート認証「植物オイル」が配合されている 

肌の健康を守ってくれる「植物エキス」は、オーガニック認証を受けているものが中心となって配合されているのが特徴です。

 

フォーファムの「ボディミルク」と「ボディローション」は、肌を保湿して肌を守っていくことができる上に、低刺激にこだわりを持って作らたアイテムです。

 

 

アトピー肌にはフォーファムミルク?それともローション?おすすめは・・・

フォーファムには、「ボディミルク」と「ボディローション」の2タイプがあります。アトピー肌に効果的なのは、いったいどちらなのか?

 

フォーファムの「ボディミルク」と「ボディーローション」には、3の違いがあります。

 

    • ボディミルクよりも、ボディローションのほうが植物性スクワランオイルが500%多く配合されている

 

    • ボディーローションは滑らかで潤いのある使い心地

 

  • ボディーローションには米・牛乳・大豆が配合されていない

 

ボディーローションとボディミルクを比較すると、ローションのほうがアレルギーの原因になりそうな「米・牛乳・大豆」が含まれていないほか、スクワランも多く配合されています。

 

アレルギーのことが気になっている方には、ボディローションのほうがおススメですね!

 

ボディミルクの使い心地は、ローションと比較して濃いテクスチャーをしています。

 

ぢっかりした保湿をしたいと考えている方には、ボディミルクがおススメになります。

 

どちらともに良い部分がありますので、あなたのお肌に合ったものを選んでみてください!



★最安値公式サイトはこちら!★
赤ちゃん訴求LP